NEW OPEN!! 熊本県 芦北店、鹿児島県 餃子バカ一代店

国産食材の真実 餃子の無人販売

商品説明

日本の食べ物は、全て安全なのか?

日本の食べ物は、本当に安全なのでしょうか?

日本には1500品目以上の食品添加物がありますが、

添加物の認可は、単品ごとにチェックが行われていますが、

『添加物の複合摂取』した場合の影響については、国の機関も把握出来ていない状況なのです。

日本の食品規制は緩く、海外で非認可の添加物も、

日本では許可されているのが事実なのです。

食品添加物、化学物質、防腐剤

食品からくるアレルギー、ストレス、不眠などは、

食品の中でも、人工的に作られた加工品が多く、

加工品の多くには、添加物、化学調味料が使われています。

なかには、発がん性リスクのある物もあり注意が必要です。

日本食は安全と言われていますが、心から安心出来ないのが、今の日本なのかも知れません。

日本は昔から、肉や魚などに塩を使った、塩漬けという自然な加工方法もあります。

人工物、加工物が全て危険ではなく、安全に美味しくする為に、手を加える必要も有ります。

問題なのは、

何を、どれくらい、どのように手を加えられたのか、不明確な場合が多いという事です。

三三餃子の食材

キャベツ

餃子の主たる材料のキャベツは、九州産になります。

九州各地の契約農家さんへ、栽培を委託していますので、

冷蔵庫で保管する事無く、とれたての新鮮なものを使用します。

冷蔵庫で保管した、くたびれたキャベツよりも、とれたて新鮮なシャキシャキしたキャベツに、こだわりました。

豚肉

九州産の豚モモ肉(生)を、作る分だけ仕入れてます。

冷凍肉、加工肉は一切使用せず、ブロックで仕入れた生肉を、手作業で成形、ミンチにしているのです。

なぜなら、

餃子に使う豚肉は、生で作るのが一番美味しい事を知っているからです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2969-500x375.jpg

小麦粉

福岡県産の小麦粉は、『ぎょうざの山八さん』で、餃子専用に作られたオリジナルブレンド小麦粉『浩将』

契約農家さんで育てられた、餃子専用の小麦粉は、三三餃子のモチモチ食感に欠かせません。

にんにく

福岡県福津市にある、ぎょうざの山八さんの農場『にんにく農園』。

福津市の準無露地帯は、霜による影響が少なく、にんにく栽培に適しており、

にんにくの旨味と風味が、美味しい餃子をさらに引き立ててくれます。

製造から販売までの安全を考える

製造

防腐剤は一切使用せず、厳選された食材を新鮮な状態で、

生のまま包み込むのでいるので、『生餃子』になります。

生の肉、生野菜から大地のエネルギーを頂くので

『食べる事は生きる事』なのです。

管理面

HACCP(ハサップ)認証取得

HACCPは、日本語で『危害分析重要管理点方式』と呼ばれ、

安全な食品を製造するための製造工程の管理方法になります。

美味しい、高品質も大事ですが、

『安全な食品』を目指す為に、国際的な衛生基準を満たした証明になります。

三三餃子は、仕入れから販売するまで『食の安全』を考え、『安心』して購入して頂ける事を常に考えております。

タイトルとURLをコピーしました